2001年04月29日

房総半島暴走ドライブ

4月29日(日)曇りのち雨

出発
 6時に目覚める。昨晩は、友人宅に宿泊したのだった。それというのも、今日、車で房総半島をドライブするからである。起きて外を見たら曇り。天気はあまり良くは無かったが、朝食をご馳走になって準備をして7時過ぎに出発する。
 今回、ドライブに使用した車は友人のプジョー106。小柄だが、パワーもそこそこあるらしく、燃費もなかなからしい。(わたしは車に詳しくないので聞いた話)まずは、近くのガソリンスタンドで燃料補給を行い、いざ出発と相成ったわけである。

銚子
 友人宅は習志野にあり、今日は外房から房総半島を一周することにしていた。最初に向かった目的地は銚子市である。東関東道で佐原まで行き、そこから利根川沿いに進んで銚子港についたのが9時ぐらいだった。
 当初、ポートセンターを目指していたのだが、その途中で店の並びを発見し、そこを見ることにしてしまう。そこは、漁港側にあるお店で、3、4軒の店が並んでいた。初鰹が売っていて、値段もそれほど高くなかったので、思わず実家に送るのに鰹まるまる一匹と、まぐろの切り身を買うことにした。今日は、わたしの他に2人居たのだが、2人とも何か買っていたようだ。お土産も買ったのだが、そこで、甘えびも購入した。これは、お土産ではなく、自分達で食べるために買ったのである。近くにコンビにがあるか探したのだが無かったので、車に乗り込んで犬吠崎に向かうことにした。その途中でコンビニを発見し、皿と箸と醤油を購入する。
 車をさらに走らせ、犬吠崎方面には10時ぐらいに到着する。君ヶ浜しおさい公園の駐車場に車を止めて、休憩。早速、買ってきた甘えびを3人で食べた。
犬吠崎

21448eb5.jpg



勝浦
 甘えびを食した後、手を洗ったりトイレに行ったりしてから出発。海沿いを進んで行って、銚子有料道路に乗って、126号線まで出る。あとは、ひたすら126号線を進んで行く。途中で、県道30号線に入り、九十九里浜沿いにさらに南下していった。わたしは、助手席に乗っていたのだが、運転するわけでもなく、たまに地図を見たりはしたが、時々寝てしまったりしながらドライブを楽しんだ。天気は雨が降ったり止んだりという状態ではあったが。
 九十九里有料道路を使いつつ、勝浦港に到着したのが13時過ぎだった。勝浦駅側に車を止めて散策する。漁港近くなので、もう少し活気があるかと思ったけど、人もまばらだし、静かな佇まいだった。食堂とかもそんなに見つからなかったし。朝市を近くでやっているようなのだが、午前中で終わってしまっていたようだ。歩いて店を探して、やっている食堂を発見。わたしは、ひらめづくし定食を頼んだ。造りとから揚げと煮付けがついていて、味はなかなかだった。他の2人はかつお刺身定食等を頼んでいた。一応は海の幸を満喫。満足ではあった。

御宿
 海の幸の次は温泉。勝浦から128号を少し戻って、御宿に行く。月の砂漠記念碑側にあるクアライフ御宿に行くことにした。会員制の施設らしいが、一般の入場もOKである。お湯は、蒲田温泉と同じ黒いお湯。神経痛等に効くらしい。30分ちょっとお湯に使ってさっぱりした。結構、潮風浴びたり、甘えびを食べたりで磯臭かったような気がしていたのだ。時間は、16時ごろに出発したと思うが、その頃にはもう、天気は本格的に雨になりつつあった。再び、128号に出て、勝浦有料道路に乗って南下を続けた。
御宿駅(外房線)

ひたすら爆走
 海の幸を食べたし、温泉にも入ったし、あとは房総半島の暴走に終始した。海水浴場と、漁港とが交互に現れ、明るいうちは一面に太平洋が映っている景色を楽しんだ。一周といいつつも、先端である白浜までは行かずに、館山あたりから、山道に入っていく。ここからは、しばらくPHSの電波も入らない場所をひたすら進んでいった。時間的に夕飯の店も探していたのだけど、山道を進む間は結局行くことがなかった。結局、木更津にある回転寿司の店に入って夕飯。さらに進んで、出発した家に着いたのは、21時過ぎぐらいだった。外房周りは、道路も空いていて快適だったね。途中反対車線はかなり渋滞していたし。行くなら、外房周りがお勧めかなと思った旅だった。私以外の2人は運転していたので、かなり疲れたことだろう。お疲れさまでした。

happyclub at 23:00│Comments(0)TrackBack(0) 友達と 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Recent Comments
Recent TrackBacks
MAIN HOMEPAGEへ
QRコード
QRコード
Amazon.com(旅行に関する和書)